【大発見】カエルに食べられても「高温の激クサオナラ」を噴射して胃袋から逃げ出すヤバイ虫が見つかるwwwwww

高温の化学物質を噴射することで知られるミイデラゴミムシが、のみ込んだカエルの消化器官のなかで化学物質を放出して生き延びることが明らかになった。

記事によると

・オサムシ科ホソクビゴミムシ亜科の甲虫は、危険にさらされると、お尻のほうから高温で臭い化学物質を噴出する。

・それだけではなく、カエルなどに食べられると、のみ込まれたあとにその「屁」を噴射して捕食者に吐き出させるという。

・しかも、この昆虫は両生類の消化管の中でもしばらく生き残れることがわかったという。

この種の甲虫がお尻から発する「屁」で攻撃して、捕食者にのみ込まれてさえも生き延びることが発見された例は初めて。

・神戸大学の杉浦氏と佐藤氏は、ミイデラゴミムシを1匹のナガレヒキガエルに与えてみた。カエルはすぐにのみ込んだが、44分後にカエルは餌を吐き出したという。驚いたことに、吐き出されたミイデラゴミムシは食べられる前と変わらない状態だった。

引用元:http://blog.esuteru.com/archives/20025590.html

おすすめ記事
スポンサーリンク

ネットの反応

こりゃぁたまらんやろ 動画のインパクト凄っ!
よく噛んで食べればいいのに
丸のみしたのを吐き出すとか、よっぽどなんだろうな。
「ゴミムシ」ってヒドイ名前だなぁ
面白ェ…!
ちょっとした爆発やんけw
ゴミムシかわいそう
これが俺の切り札”ブラストバーン”

まとめ

高温のおならって想像つかない・・・・

ちょっと受けてみたいかもwwwwww

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする