Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【※必見※】ストレスが限界で起きる体の6つの症状とは??知らない間に侵されている!?

④ニキビが増える

ストレスが増えることにより

ホルモンバランスが崩れニキビが出やすくなります。

顎周りや背中にできるにきびは

ストレス気味と呼ばれなかなか治りづらく、

それもまたストレスとなり悪循環となってしまいます。

⑤睡眠中の歯ぎしりや食いしばり

寝ている間に無意識に歯ぎしりや食いしばりで

日中のストレスを発散していると言われています。

かなり強い力で食いしばったり歯ぎしりをしていると、

歯がかけたり擦り切れてしまうので特に注意が必要です。

⑥アレルギー症状が出る

体のある部分が痒くなり、掻いていたら

一気に広がり蕁麻疹になるなんてことも

珍しくありません。

決して掻いたりこすったりせず、

冷やすなど対処して病院を受診しましょう。

おすすめ記事
スポンサーリンク

自覚症状がないうちにストレスが溜まっている場合も

いかがでしたか?

自分では自覚症状がなくても当てはまるものが

あった方も多いのではないでしょうか?

ストレス社会の今、ストレスを溜めずに

生活していく事は困難かと思います。

適度な運動でリセットしたり、神経質にならずに

あまり考えすぎないようにするなど、

自分の受け止め方や考え方を変えて上手にやりすごしましょう。

「ストレス」と上手につき合っていきたいですね。

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする