Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【※恐怖※】ジブリの裏話!「となりのトトロ」に隠された怖い都市伝説!

ジブリの裏話!【となりのトトロ】に隠された怖い都市伝説!!
おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

となりのトトロ

姉妹が出会う不思議な世界を通して、

2人の絆や家族との愛情などを描いたのが

「となりのトトロ」ですね。

1988年に公開された作品が、

今でも色あせることなく支持されているところに、

この作品のスゴさがあります。

そんなとなりのトトロには、数多くの都市伝説が

存在しているのですが、ご存知でしょうか?

これらの都市伝説がどうして有名になったのか、

次から詳しく見ていきましょう!!

サツキとメイは死んでいる!?

となりのトトロに関する都市伝説の中で、

特に有名なのが

「サツキとメイは死んでいる」

というものでしょう。

実は「トトロは死神」で死んだ者にしか

姿を確認することができず、

サツキの友達の

「カンタ」は子どもであっても

トトロが見えません。

トトロは死期が近い人や死んだ人間にしか見えない存在で、

ネーミングも「トロール→トトロ」では??と言われており、

伝説の怪物になぞらえて、

「トトロに会うと死んでしまう」

という実しやかな噂にまで発展しています。

トトロに出てくるバスはあの世へ送るための手段であり、

あのバスに乗れるのは

「死んだ者」だけというのです。

死亡説の証拠はいくつかありますが、

例えばサツキがメイを探しているとき、

お地蔵さんに「メイの名前が刻まれている

シーンが一瞬だけ映ると言う物で、

これは、映像をハイコントラストにして確認した方がおり、

「メイの名前が入ったお地蔵さんはいない」

と証言されていますが、私的にはそもそも

お地蔵さんに個人の名前を入れること自体

あり得ないと思うのですが。。墓石でもあるまいし。^^;

真相はいかに!?・・・

また物語の後半では姉妹の影が消失しており、

他の人間と違う一面が強調されているのです。

さらに、となりのトトロには、

「幻の原作」が存在すると言うのです。

それは「地獄めぐり」を描いた恐怖小説で、

また、その内容が過激なんですが、

とある村へ引越ししてきた家族が迫害を受け、

そのせいでお母さんが死んでしまい、

父は酒に溺れて子供に暴力を振るうようになり、

荒れた生活の中、耐えきれなくなった娘のメイが、

「お母さんに会いに行く!」

と自殺をしてしまうのです。。

映画の中では

「病院への道を間違える」シーンがありますが、

ここは地獄へ行く時の描写の名残といわれており、

サツキはメイの魂を救うために生きたまま地獄へ。

その際、肉体が邪魔になるため、小説中には

「大きな猫に食べられ、胃の中で肉体を溶かして魂だけになる」

という描写があり、映画では

「猫バスに乗る」になっているのだとか。

確かに猫バスの行き先が「墓道」ってなってますけど・・・

え!?という事はこの猫バスの中で、

サツキの身体が・・・ぎゃあぁ~!!やめて~^^;

劇画中は細部までこだわり抜いて、

忠実に描くジブリですから、

これらの説には何らかの

「メッセージ」が込められているのでしょうかね?

となりのトトロ番外編がある!?

となりのトトロには

番外編」があるという都市伝説があります。

2002年から「三鷹の森ジブリ美術館」という場所で

上映されているそうですが、

不定期でごく稀にしか上映しないとのこと。

そのため番外編を見れた人は

とても少ないので、「噂」の領域を出ません。

内容は、「こねこバス」にメイが出会い、

親からはぐれた者と仲良くなるというストーリーとのこと。

結末がどうなっているのかは不明ですが、

番外編があるというのは驚きですね

となりのトトロはすべてお父さんの妄想だった!?

お父さんは執筆の仕事をしているようで、

1日中机に向かい忙しい毎日を送っています。

サツキとメイがトトロと木の上で

オカリナを吹く様子が描写されますが、

その光景をお父さんを微笑みながら見つめており、

すぐに執筆に戻るというシーン。

トトロが見えるハズのないお父さんは、

どうして窓の向こうに見える光景に

少し笑ったのでしょうか?

サツキは小学生なのでギリ登れるとしても、

幼児であるメイが木の上に居る事もおかしな話ですし、

そもそもパパは何を執筆していたのか?ですが、

既に死んでしまった娘たちがこうなれば良かった、

と思う事を執筆していたのだとか。。

確かに何か嫌な事を忘れるがために

執筆に没頭しているようにも見えますし、そんなことから、

引っ越す前から既にサツキとメイが居なかったのでは??

という説にまで発展しています。

サツキとメイは苦労して病院の前まで行きながら

お母さんに会わずに帰りますが、

魂だけで行ったため会えなかったのかも・・と考えると

切なくなりますよね。。

次のページに続きます

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

フォローする