Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地球の秘密!地球に隠された謎をついに解明!!

当たり前のように住んでいる地球は、他の星から見たら全宇宙でただ1つだけの「奇跡の星」と思われるかもしれないこう科学者が口にするほど、生命に溢れた地球は非常に特殊な状態を維持していると言えます。そんな地球には、未だに多くの謎が潜んでいることをご存知でしょうか?中でも特に有名なものを見て行きましょう!!地球の内部構造とは!?地球が生命溢れる星になった秘密とは!?宇宙人の観光スポット!?南極大陸にピラミッド!?昔から地球に水があった謎とは!?古くから地底人がを目撃!?スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});地球の内部構造とは!?人類は宇宙へ旅立ち、月や火星などの天体についてある程度のことが分かってきました。ところが足元である地球の内部に関しては、ほとんどが分かっておらず謎に包まれています。地下に探査機を送るとなれば、掘削するために莫大な費用がかかるため、宇宙に行くほうが安くつくほど。費用や技術面などから、地球内部の調査は行われてきておらず、これからも技術革新が起こらない限りは調査は進まないでしょう。地震についても、リアルタイムにプレートのズレなどが確認されている訳ではなく、実際にはどんな動きをしているのか分かっていません。地球の内部構造は非常に複雑ということもありますが、調査の難しさが大きく影響しているんですね。地球が生命溢れる星になった秘密とは!?地球は今のところ、全宇宙の中で唯一生命体が生息する星です。宇宙から見ると、青く輝く地球は他の星から見ると異質で特別な星と認識されることでしょう。地球はどのようにして生命が宿ったのかについて、いくつかの説が唱えられていますが確実なことは分かっていません。偶然に偶然が重なって生命が誕生したのか、それとも隕石に付着した生命が地球で繁殖したのか…。いずれにしても、地球と太陽の距離、月の存在、地軸の傾きなど、全てが揃っていなければここまで生命が発展することはありませんでした。まさに「奇跡」と「謎」が交錯した、神秘が渦巻く星なのです。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});宇宙人の観光スポット!?人類が宇宙に進出した目的の一つに、「宇宙人との交信」があります。果てしなく広い宇宙に、知的生命体が地球にしかいないというのは現実的ではありません。宇宙に出ていけば、そこらへんを浮遊しているであろうUFOと接触でき、交流ができるのではないかとも考えたんですね。ところがいざ宇宙に出てみても、宇宙人らしき影はなく、UFOも飛んでいません。一方地球に目を向けてみると、毎年のようにUFOの目撃談が相次ぎますし、宇宙人の目撃情報もあるほどです。地球は宇宙人を惹きつける「何か」を持っているのか、それとも観光スポットになっているのかは謎ですが、関心は示していることは間違いなさそう。むしろ宇宙に出ていかないで、地球にいたほうが宇宙人との交流は可能ではないかという意見も、専門家から出ているほどです。南極大陸にピラミッド!?氷に閉ざされた、南極大陸ですが今現在が氷河期だから氷に覆われているだけです。今のような姿になったのは、およそ3000万年前からだと言われています。そんな南極大陸を探検していたアメリカ調査団は、明らかに人工物と思われるピラミッドを発見しました。人類「ホモ・サピエンス」が誕生したのは、今からおよそ20~30万年前。すると南極には人類が誕生する前から、「南極に文明があった」ことを意味します。本当にあったのか、それとも偶然に作られたのかは謎に包まれていますが、オーパーツがあるように人類の前に知的生命体が地球で活動していたのかもしれませんね。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});昔から地球に水があった謎とは!?地球が誕生したのが今からおよそ46億年前。この時、太陽は今ほど熱を帯びていなかった関係で、落ち着いてきた地球は氷に閉ざされていたと考えられます。ところが地球には、およそ30億年前ぐらいから液体の水が表面を覆うようになりました。本来なら太陽活動の関係で液体の水はすぐに凍ってしまうはずですが、地球ではそうならなかったんですね。そのため今のような生命溢れる地球になっている訳ですが、科学者の間では頭を悩ませる問題でもあります。いくつかの説を用いて説明しようとしていますが、証明はできておらず謎のままです。古くから地底人が目撃!?地球の内部は最新の技術を持っている現代でも、直接人間の目で確かめられたことはなく謎に満ちています。このことが関係しているかは不明ですが、人類は古くから「空洞説」を支持してきました。これは、地球内部は空洞で、地底で暮らす人々がいるというもの。地底人は紀元前から目撃情報があり、最近になっても地下からうめき声が聞こえるどこまで続くか分からない洞窟が発見されたなどといった報告が相次いでいます。地表での生存競争に敗れた人間の祖先が、地下で暮らすようになり「地底人」になったのだとか。地表に出てくるのはたいてい子供で、好奇心から表の世界が気になっているのでしょう。しかし、本当にいるのかどうかは、謎に包まれています。地球に見られる数多い謎の中でも、特に有名な6つについて取り上げました。我々が住む身近な地球のことも、実はほとんど分かっていないんですね。今後の調査で次々と新しいことが分かってくるでしょうから、期待していきたいものです。引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!
スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする