Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【マチュピチュ】に隠された謎がついに解明!?

空中都市として世界で初めて世界遺産に登録されたのが、「マチュピチュ」ですね。見る者を圧倒する絶景は、多くの旅行者の胸に深く刻まれるため大人気。遺跡保持のため、1日2000人までと限定的な公開に留めています。そんなマチュピチュには、未だに解明されていない多くの謎が残されていることをご存知でしょうか?中でも特に有名なものを見て行きましょう!!標高の高い場所に作られた謎とは!?神殿としての役割が!?マチュピチュは避暑地だった!?驚異的な建築技術とは!?宇宙人が降りたつ場所!?スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});標高の高い場所に作られた謎とは!?マチュピチュが存在する場所は、熱帯山岳樹林帯の中央にあり、標高2280mを超える山の山頂にあり、面積は13平方kmで、段々畑が40段もあり、階段は3000段もあります。石の建造物は200戸ほどあります。通常なら行き来しやすいように平地に作ると思われますが、何故、このような都市を山頂に作る必要があったのかは謎に包まれているのです。当時、「インカ帝国」の首都は「クスコ」という場所にあり、標高は3400mにありました。つまり首都よりかは標高の低い場所に建てられた訳ですが、「文字を持たない文明」だったので何が目的なのかはさっぱり分かっていません。マチュピチュが発見されたのは1911年のことで、発見から100年以上も経過しているのに情報が乏しすぎて標高の高いところに建てた目的がハッキリしないのも1つの原因でしょう。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});神殿としての役割が!?インカ帝国にはクスコという都市があるため、都市よりも標高が低い「マチュピチュ」は、何が目的にあるのか謎に包まれています。考古学者などが長年による研究の結果、「太陽を崇める場所」ではないか?と推測されるようになりました。マチュピチュには神殿らしきエリアがあり、そこは太陽を広く見渡せるように工夫されています。このことから、太陽の処女を生贄にささげ、太陽神を崇める広場としてマチュピチュは用意されたというのです。ところがその証拠となる資料等はほとんど発見されていないので、本当に神を崇めるために用意された場所なのかどうかは謎に包まれています。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});マチュピチュは避暑地だった!?マチュピチュからは多くの遺品が見つかっています。考古学者は出土して出てきた骨を調べたところ、男女の比率はほぼ同じで、多くの家族と幼児が一緒に生活をしていた可能性が高いと分かりました。また壺などはすべて15世紀のもので、高価なものは一切なく質素な道具が目立ちます。こうした点から、マチュピチュは単なる都市ではなく、インカ王族や貴族のために用いられた避暑地や田舎の別荘といった類のものだろうと考えられているのです。しかし遺跡には、大きな宮殿や寺院、さらには王宮なども備えられており、立派な作りだったことが分かります。もし避暑地として利用するだけなら、ここまで大がかりな都市にしなくても良さそうですよね。この疑問を唱える学者は多く、実際に避暑地として使われていたのかは謎です。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});驚異的な建築技術とは!?マチュピチュが多くの人に驚かれているのは、建築技術の高さです。建造からおよそ500年が経過しているのに、少し修復すれば今でも居住可能とも言われるほど健在な建築物が多いのです。現代の最新技術があれば難しくはありませんが、当時としては考えられないほど技術力が高いと専門家は口をそろえます。一体、どのようにしてマチュピチュを作り上げたのか、謎は残されたまま。季節が極端で、乾季と雨季がハッキリと見られる地域において石積みが500年以上も崩れずに存在しているのは驚異的ですよね。またこのエリアは頻繁に大きな規模の地震に襲われるため、地震による建物の倒壊が起きてもおかしくありません。ところがそれら自然災害に対して、ビクともしないマチュピチュは、何か神聖な者に守られているのではないかと思われても不思議ではないでしょう。宇宙人が降りたつ場所!?マチュピチュの神秘性は古くから指摘されており、スピリチュアルに精通する人は「聖地」と呼んでいます。不思議なエネルギーを発するエリアが複数ヶ所に存在し、「UFO」の目撃証言も相次いでいるのです。何か見えない力によって、「宇宙人が引き寄せられているのではないか」と、専門家は指摘します。マチュピチュの遺跡からは、宇宙人に関する資料などは見つかっていないので、何かしら関係があるのかは謎です。ところが「マチュピチュに観光に行ったら、「宇宙人を見た」という目撃談が、2008年以降相次ぐように。オカルト専門家は、「2012年に訪れるであろうアセッションに備えているのでは」という見方もありました。実際にアセッションが行われたのかは不明ですが、宇宙人と何かしらの関係があるのかもしれませんね。世界七不思議のひとつに数えられるマチュピチュには、数多くの謎がありますが、その中でも特に有名な5つについて取り上げました。建造した場所や技術力の高さなど、多くの謎があるマチュピチュは、今後どんな顔を我々に見せてくれるのか楽しみですね。引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!
スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする