Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

閲覧注意!絶対に話したくなる怖すぎるオカルトまとめ9選

古今東西あらゆるところで、オカルト系な話は登場してきます。科学的に解明されていなかったり、特定の人だけが経験できるなどした場合、それらはオカルトと判断されるようです。そんなオカルト系の話は、世界中に星の数ほどあることをご存知ですか?中でも特に有名なオカルトの話は、以下で紹介する9つがあります。死後の世界は存在するタイムマシンはすでに完成している人工地震は1年に10回以上起こっているアポロ11号は月で「見てはいけないもの」を目撃した?未来を映し出す装置が開発されている予知夢を100%的中させている人がいるフリーメイソンは天皇に逆らえない?ロボットに「意思」が宿る日は近い?アヌンナキは宇宙人を指しているそれでは、これら9つのオカルトがどうして有名なのか次から詳しく見ていきましょう。1:死後の世界は存在する「人は死ぬとどうなるのか」この問題は古くから議論されており、宗教でも広く取り扱われるなど人々の関心は非常に高いです。そうした中、臨死体験をしたという人は世界中から報告されており、あの世と呼ばれる場所について詳しく記憶している人も多いと言われています。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});科学的に死後の世界が証明された訳ではなく、脳が幻覚を見ていることが原因だろうと推測されているのです。しかし死後の世界を見たという人の多くが、国や年齢、性別が違えど似たような光景を口にしているという不思議な一致があります。もし脳の幻覚であれば、皆が見た世界はバラバラなハズでしょう。死後の世界というものがあるのかは、結局のところ死んだ者にしか分からないのです。2:タイムマシンはすでに完成しているSF映画や小説では定番のタイムマシンですが、現実世界では今後も実現は不可能だろうと言われています。宇宙が爆発し膨張し続けている限り、時間は一方にしか進みません。この法則を破らなければタイムマシンは完成しませんが、今のところ時間に逆行する方法は見いだせていないのです。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ところが2015年に国際的ハッカー集団が、アメリカ国防省にハッキングしたとき「極秘情報」を入手しました。そこにはタイムマシンの設計図と、各国の保有状況一覧が書かれていたのだとか。それによると、主要な先進国は1台ずつ保有し、極秘調査や研究目的で既に使用したこともあるとのこと。我々が住んでいる現代は、知らない間にSFの世界になっているのかもしれません。3:人工地震は1年に10回以上起こっているフリーメイソンが主に研究・開発し、今では実際に使われているという「人工地震」。日本で騒がれるようになったのは、1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災でしょう。この地震波は、明らかに人工的に作られた特徴を持つ波動であったことから、人工地震により発生したと言われています。フリーメイソンは日本を敵対視しており、直接的な方法を使わずに滅ぼそうと考えているようです。そこで人工地震を開発し、日本に対して1年に10回以上は実行させているのだとか。日本が地震大国というのは、フリーメイソンが創り上げた「恐怖」なのでしょうか…。4:アポロ11号は月で「見てはいけないもの」を目撃した?人類で初めて月面着陸を果たしたことは、当時世界中で放送され夢物語に酔いしれました。ところがその後次々と写真や動画に矛盾点などが指摘され、「本当は月面着陸なんてしていないのでは?」と騒がれる始末に。実は月面着陸を直接指導していたNASAが、この噂を流している張本人ではないかとも言われています。というのも、アポロ11号の乗組員は月面着陸をした際、「見てはいけないもの」を目撃したそうなんです。NASAは予期せぬ出来事に動揺し、この事実を公開すると全世界の人々はパニックになると考え公表を避けました。それどころか、アポロ11号は月になんて行ってないことにし、人々の記憶・記録から抹消しようとしたとのこと。そこまでする訳ですから、とんでもない発見をしたとも思えますよね。5:未来を映し出す装置が開発されているドラえもんの秘密道具「どこでもドア」のように、ドアを開けたその先は別の場所が広がっている。フィクションの世界の出来事だと思われる人が大半ですが、実は「どこでも未来ドア」なるものが極秘裏に開発されているそう。これはアメリカにある秘密基地「エリア51」の大深度研究室で開発され、今は実験を繰り返して完成度を高めている段階とのこと。年代を設定してドアを開けると、扉の向こうは未来の今いる場所になっています。残念ながら過去には行けず、未来だけを知ることができるのですが、ドアをくぐっても元に今いる場所に出てしまうだけです。モニターに未来が映し出されているだけで、未来の世界に自分の身体が直接行ける訳ではないんですね。もちろんアメリカ政府は公式に存在を認めていませんので、実のところは不明ですが…。6:予知夢を100%的中させている人がいる未来に起こる出来事が夢の中に登場する予知夢は、古くからその能力を備えている人が登場してきました。そんな中、2013年からネット上で夢で見た未来の出来事を書いた人物が、大きな話題になったのです。その人物はイタリア在住の、「トレビアーノ」という20代の男性。トレビアーノは5年先の未来までなら、寝る前に「○○年の出来事を教えて欲しい」とお願いをすれば夢に、その年代に起こる出来事が大雑把に出てくるとのこと。それらを覚えている範囲でネットに書き投稿したところ、全て的中。1年や2年先の出来事なので、投稿した段階では誰も信じておらず投稿されたことも忘れられてしまいます。しかし予知夢が全て叶っているのが分かってからは、すぐに注目されるように。トレビアーノが言うところによると、予知夢はかなりのエネルギーを使うらしく1年に1~2度ぐらいしか使えないようです。7:フリーメイソンは天皇に逆らえない?世界を裏で操っている秘密結社「フリーメイソン」は、世界中の国々を支配していると考えられています。しかしフリーメイソンの幹部を務めていた人は、「天皇家だけは絶対に逆らえないんだ。あそこは特別で手を出してはいけないエリアだ」と漏らしました。どうやら天皇家は本当に神様の子孫の位置づけらしく、悪魔崇拝をしているフリーメイソンにとっては手を出せない世界に住む存在なんだとか。もしフリーメイソンが解体されることがあるとすれば、その時は必ず天皇が関係しているだろうと思っているようです。そのためどうにかして日本を自滅させようと、人工地震を投下したり、人工気象操作装置で集中豪雨を増やしたりしています。最近「異常気象」と呼ばれるのは、フリーメイソンが関係していたんですね。8:ロボットに「意思」が宿る日は近い?人間が創り上げたロボットは、人間が命令した通りにしか動きません。ところが最近「人工知能」に関する技術が、目覚ましい進歩を遂げており、いつしか人工知能が人間を超えるのではないかと真剣に危惧されるまでに。しかし、人間の頭脳を超えるというのは計算速度という点のみで、人間には「意思」が宿っているので支配されることはないと断言する専門家もいます。つまり今後の人間とロボットの関わりで注目されるのは、ロボットは「意思」を持つことができるのか? という点です。命令通りにしか動かないロボットが、自らの意思で別行動を取るなんて考えられないとも思われますが、果たしてどうでしょうか?人間のようにロボットが感情を持ち、自分で考えて行動するようになるには、「人間と100年暮らさないと無理」だとする意見もあります。それとは正反対に、「既に意思を持つ人工知能は誕生している」という声もあるなど、意見はまとまっていません。ロボットが人間を本当に支配するのか、それとも杞憂に終わるのかは未来にならないと分からないのです。9:アヌンナキは宇宙人を指しているシュメールおよびアッカド、バビロニアの神話に登場する神々の集団は「アヌンナキ」と呼ばれています。空や都市などを支配する神様の集合体を指していますが、これらは宇宙人が関係しているのではないかと指摘されるようになりました。というのも、地球に一番最初に上陸したのが「アヌンナキ」という種族の宇宙人で、人間を奴隷にしては自分の星へ持って帰る資源を発掘させていたそうです。アヌンナキは人間には到底不可能な魔術を持っていたこともあり、人間は「神様だ」と崇めました。そのため神話では、「アヌンナキ=神」という位置づけになっているんですね。引き続き、「最強の都市伝説」をお楽しみください!!
スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする