Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【※意味深※】あの有名な「童謡」の歌詞の本当の意味を教えます!童謡の都市伝説集めてみた!

はないちもんめ

花を買おうかどうしようか悩む女の子を描いた歌だとされるのが、

はないちもんめ」です。

ところが別の説も存在し、これが都市伝説になっています。

その内容とは、「人身売買」を歌っているというもの。

江戸時代、女の子のことを隠語で「花」と言っていたようです。

いちもんめ(一匁)とは、江戸時代のお金の単位のことであり、

花を一輪買えるお金を「一匁(いちもんめ)」としていました。

ということは、この当時の日本では花一輪を買えるお金で、

女の子が売買されていたのです。

飢饉が度々発生し、農作物が実らなかったりしたら

農民は大きな打撃を受け、今日を生きるのも大変でした。

そこで仕方なく、小さな娘を売って生活費の足しにしていたのだとか。

はないちもんめの歌詞には、

「買って嬉しい、負けて悔しい」とあります。

これは、自分の娘が高く売れたら嬉しいが、

安く売られたら悔しいと置き換えられ、

そこには子供を売らなければならない

親の悲しい気持ちが表れているのです。

歌の最後に、「相談しよう、そうしよう」とあり、

子供を売りたくない親の気持ちが伺えます。

おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットの反応

日本の歌って子供向けの童謡の方が、現代のJpopより意味深な歌詞とかww

意外と裏設定あるんですね

海外の民謡や童謡はどうなんだろう・・・

童謡を歌うのはどうよう?って言ったら動揺された思い出

まとめ

いかがでしたか?
子供にも覚えやすい歌として童謡は広く知られていますが、
そこには怖い都市伝説がいくつも隠されているんですね。
音楽の授業で習う時に歌詞の意味をよく考えずに適当に覚えて育ったのちに大人になってから歌詞の本当の意味が気になり始める人って意外と多そうな気がしますね。

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

フォローする