Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【※意味深※】あの有名な「童謡」の歌詞の本当の意味を教えます!童謡の都市伝説集めてみた!

ずいずいずっころばし

お茶壺道中が、来ることを歌った童謡が

ずいずいずっころばし」です。

しかし裏には、とても悲しい都市伝説が隠されています。

今よりも不純異性交遊の処罰が厳しかった江戸時代、

男性にしつこく付きまとわれる女性は

逃げる選択肢しかありませんでした。

歌詞に出てくる、「お茶壺」は女性を意味しており、

逃げる女性が部屋に閉じこもったと読み取ることができるのです。

「とっぴんしゃん」戸をピシャン!と閉める音なんんですね。

逃げ切れなかった女性は、男性に犯されてしまいます。

ねずみは男性を意味し、「ちゅう」は性行為を表す置き換えると、

「俵のねずみが、米食ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう」は

「男性が女性を何度も犯した」というコトになるでしょう。

「おっとさんよんでも、おっかさんよんでも、いきっこなしよ」

ここから、夫がいる妻が違う男性と関係を持っていたなら、

たとえ父や母でもその罪を軽くすることはできませんよと読み取れます。

最後の歌詞、「井戸のまわりで、お茶碗欠いたのだあれ」は、

女性を意味するお茶碗が割れています。

つまり、女性の不純異性交遊が発覚したことにより、

処刑されてしまいました。

ずいずいずっころばしは、不純異性交遊をした

男女の悲しい物語とも受け取れるのです。

次のページに続きます

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする