Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【※意味深※】あの有名な「童謡」の歌詞の本当の意味を教えます!童謡の都市伝説集めてみた!

おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

都市伝説5選

かごめかごめ

童謡の中でも、異質な雰囲気を放っているのが

かごめかごめ」ですね。

不気味だと感じ取る子供も多いらしく、

歌うのを拒否る子供もいるのだとか。

そんなかごめかごめですが、怖い都市伝説が存在します。

それは、「遊女の悲しみ」を歌ったものだという説です。

歌詞の冒頭に出てくる、

「かごめ」というのは「籠目」と置き換えられ、

籠目の中にいる女性を意味します。

籠目というのは、遊女が男性を待つ部屋に

かけられたスダレを意味しているのだとか。

「かごの中のとりは、いついつでやる」という歌詞は、

「遊女として雇われている私は、いつ助けられるのだろか」

という、女性側の心情を表しています。

続いて、「夜明けの晩に」という解釈が難しい歌詞が続きます。

これは、「夜が明けても、日が暮れても」と置き換えられ、

常に男性の相手をさせられた遊女の気持ちが分かりますね。

「鶴と亀がすべった」というのは、男性器を意味し、

「男性器が挿入された」と置き換えられます。

「後ろの正面だあれ」は、「次はどんな男性が相手なんだろう」と、

終わることのない男性への相手に

うんざりしている様子がうかがえるでしょう。

このように、「かごめかごめ」は

遊女の終わることない男性への相手に憂う歌なのです。

次のページに続きます

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

フォローする