Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

彼女と帰宅中に「金出せ!」とDQN集団に絡まれた。殴られたら殴り返そうと思っていたら・・・

とりあえず適当に流そうと、彼女を後ろに下げて俺がへりくだって話をした。 

彼女の手前、威圧的になってもよかったけど、いざこざは起こしたくなかったからな・・・。 

普段から「暴力沙汰とか嫌い」とか言ってた訳で、どうにかしようと思ってた。 

でもコレが、やっぱりそうは行かないんだよな。 

なんだかんだでDQN集団のリーダー格二人がキレはじめて、残りもそれに釣られるようにキレはじめた。 

で、まあリーダー格の一人が俺につかみかかったんだわ。 

俺は「殴られたら殴り返すくらいはいいかな」とかおもって、歯を食いしばって目をつむった。

そしたら次の瞬間、殴る音の変わりに風を切る音がして、俺は目を開いた。 

彼女が、練習帰りなだけに持っていたなぎなた(型用の樫製のやつ、袋入り)をもう一人のリーダー格の額にぴったりとあわせて、静止してた。 

目は試合中より怖かったと思う。 

次のページに続きます

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    口虚木公