Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【神秘的!】カリブ海にぽっかり空いた大きな穴「ブルーホール」・・・上空4000mからスカイダイブした瞬間映像!!(動画あり)

すっごい綺麗。

画像では見たことあるけど映像では初めてかも。

カリブ海の宝石と呼ばれるベリーズの珊瑚礁保護区にぽっかり空いた大きな穴「ブルーホール」に向かって上空4100メートルからスカイダイビングをするビデオです。

これはいいなあ。

サンゴ礁が美しすぎる。

ブルーホールが穴すぎる!

神秘的!!・・・

おすすめ記事
スポンサーリンク

中央アメリカの北東部に位置する、美しいカリブ海と膨大なサンゴ礁に恵まれた国「ベリーズ」。

このベリーズのサンゴ礁は世界で第二位の広さを誇っており、1996年には「ベリーズ珊瑚礁保護区」としてユネスコの世界遺産に登録されている。

その中にあるライトハウス・リーフという大きなサンゴ礁には、「グレート・ブルーホール」と呼ばれる巨大な穴があいており、

世界中から多く人々が押し寄せる観光スポットの一つとして知られている。

今回は、そんな「海の怪物の寝床」とも呼ばれる、このベリーズのグレート・ブルーホールを紹介する。

「グレート・ブルーホール」とは?

「グレート・ブルーホール」とは、中央アメリカの北東部に位置する「ベリーズ」という国にある、膨大なサンゴ礁にぽっかりとあいた巨大な穴のことである。

この「ブルーホール」とは、洞窟や鍾乳洞などが何らかの原因によって海中へと沈んだ際に形成される地形のことであり、

ベリーズ以外では、バヌアツ・エジプト・バハマなどの国々でもいくつか発見されている。

このベリーズのサンゴ礁は世界で第二位の広さを誇っており、1996年には「ベリーズ珊瑚礁保護区」としてユネスコの世界遺産に登録されている。

このベリーズのグレート・ブルーホールは、その中のライトハウス・リーフという大きなサンゴ礁にあり、

直径約300メートル・深さ約125メートルのとても巨大なものとなっている。

このグレート・ブルーホールは、今から約65,000年ほど前の古い時代に形成されたものと考えられており、

その外観から現地の人々の間では「海の怪物の寝床」とも呼ばれている。

このベリーズのグレート・ブルーホール周辺には、数多くの色鮮やかな海水魚をはじめ、イルカやウミガメ、小型のサメやエイなどが棲みついており、

様々な生物と触れ合うことができる。

またスキューバダイビングやシュノーケリング、スカイダイビングなどを体験するために世界中から多く人々が押し寄せており、

その壮観な自然美を堪能することができる神秘的な観光スポットの一つとして知られている。

参考画像

次のページに続きます

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする