Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【実話】トイレから出ようとすると、先生『トイレから出るな!個室に鍵をかけて閉じこもってろ!!』私「えっ」 → トンデモナイことに…

おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

これは両親にとっても修羅場だったのかもしれません。

学校が再開したとき、

私だけ巻き込まれなかったため

卑怯者呼ばわりされたのが

第二の修羅場です。

あの時私だけトイレに

閉じ籠っていて、

騒ぎが治まった後に出てきたため、

巻き込まれなかったのと一緒ですから、

仕方ないと思ってました。

(犯人の顔を見たのは、あの後迎えに来た

母と帰宅して家でニュースを見たときですし)

他の子達はあの時、間近で

犯人の顔を見たわけですから、

私以上の修羅場だったと思います。

担任が

「悪いのは犯人だ」

と庇ってくれたのが唯一の救いでしたね。

その犯人はその3年後に

死刑が執行されましたが、

私は今でも犯人が許せません。

あんな事件、

二度と起きてほしくないです。

そうです。コチラの事件です▼

【胸糞注意】「どうも死刑にしてくれてありがとう!!」「あの世でも、おまえらの子供 しばき倒したるからな!」(詳細あり)

被告、口笛を吹きながら入廷する・・・

どよめく法廷

裁判長

「静粛に!被告は法廷では

口笛を吹いてはいけません」

被告

「 こんな結果のわかっとるおもろない

裁判にひまなヤツらが

ようけ来て・・・あほやのお~」

裁判長

「被告は許可があるまで、

みだりに喋ってはいけません。

わかりましたか?」

彡(゚)(゚)

「おう、座っちゃあかんか?」

裁判長

「立って聞いていなさい」

裁判長

「判決の前に、被告は

何か言いたい事はありますか?」

彡(゚)(゚)

「えー、発言してもよろしいか?・・・

なら話すわ。

まあ、まだ判決はでとらんのやけども、

もうすぐ出るし、

わかっとる事やから、最初に言うとく。 」

彡(^)(^)

「どうも死刑にしてくれてありがとう!

裁判長さん。 感謝するわ!わし、もうはよう、

死にたい思うてたから、ほんま助かる。

やっと死ねるんやなーと思うとほっとしたわ」

・・・どよめく室内。

「宅間ああ~、はよう、死ね!」

「独りで死ね」等の怒号が飛び交う・・・

スポンサーリンク
オススメの記事

シェアする

フォローする