Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【※衝撃の展開※】美人JK「あの冴えない男子と2週間付き合う罰ゲーム!!?」→ 途中で罰ゲームだということに気付いた男子が衝撃の行動に・・・

……

鑑賞中

男「…………」

男「(きれいだな)」

女「…………」ジー

男「(女さんも楽しそうだし…)」

男「(今日は朝からずっと、女さんが軽快というか…)」

男「(ほんとにこういう性格なのかな)」

女「…………」ジー

男「(いつもと雰囲気が違う?……いや、なにか無理をしてるようにも)」

男「…………」ジー

女「(適度に暗くて良いムード…)」

女「(とか、思うのかな。普通のカップルは)」

女「…………」ジー

30分後

男「良かったな」

女「うん…」

男「あんな風に流れ星見てみたい」

女「……」

女「私、小さい頃にすっごい大きくて真っ赤な星見たんだ」

男「赤い星?」

女「……うん。きっと星じゃないんだろうけど」

男「?」

女「最初は大きくて、でもずっと眺めてたらどんどん小さくなって…」

男「なんだろうな」

女「星のこと好きだったから、その頃にもちょっと知識はあって」

女「きっと超新星爆発が起きたんだ。それを奇跡的に見たんだって」

男「……うん」

女「でも、何日経ってもそんなニュースなんか流れなくて」

女「……ごめんね」

女「なんか急にいっぱい話して」

男「いや、そんなこと」

女「たまーに思い出すんだ」

女「飛行機かもしれないし、人工衛星だったのかもしれない」

男「UFOかも」

女「そっか…それだといいなぁ」

男「それかNASAが見逃したのかも」

男「きっと女さんしか見てなかったんだよ」

女「うん…」

女「(あ、やばいやばい)」

女「(戻さなきゃ)」

女「ねね」

男「ん?」

女「お昼食べよっか」